【SPYD】高配当ETFの魅力と不安要素

23/09/2019

高配当ETFとして人気の高まっている「SPDRポートフォリオS&P 500高配当株式ETF(以下、SPYD)」。

その魅力と不安要素を探っていきます。

SPYDってどんなETF?

まずはファンド特性です(2019年9月12日時点) 。

運用会社State Street Global Advisors
ベンチマークS&P500 高配当指数(S&P500 High Dividend Index;SPXHDUP)
設定日2015年10月21日
信託報酬0.07%
一株当たり利益(EPS)成長率7.39%
インデックス配当利回り4.46%
予想1年株価収益率(PER)14.10
株価純資産倍率(PBR) 1.82
組入銘柄数80(均等加重方式)
加重平均時価総額$39,755.30 M
決算日年4回(3月、6月、9月、12月)

運用方針

S&P 500® 高配当指数のトータルリターンのパフォーマンスに、経費控除前で、概ね連動する投資成果を上げることを目標とします。

SPYD Fact Sheet

S&P 500高配当指数とは、S&P 500指数の採用銘柄のうち配当利回り上位80銘柄に均等加重してパフォーマンスを測る指数です。

組入銘柄

2019年9月5日(=2019年7月リバランス)時点での組入銘柄と割合は以下の通りです。

Name Identifier Weight% Sector Shares Held
Newell Brands Inc NWL 1.5855 Consumer Discretionary $1,610,044
Crown Castle International Corp CCI 1.4832 Real Estate $179,330
HCP Inc. HCP 1.4416 Real Estate $725,157
Seagate Technology PLC STX 1.4407 Information Technology $473,521
Campbell Soup Company CPB 1.4348 Consumer Staples $571,784
Ventas Inc. VTR 1.4325 Real Estate $341,361
Welltower Inc. WELL 1.4282 Real Estate $278,804
Entergy Corporation ETR 1.4253 Utilities $221,345
Iron Mountain Inc. IRM 1.4244 Real Estate $765,439
Western Union Company WU 1.4104 Information Technology $1,109,701
Realty Income Corporation O 1.4104 Real Estate $334,382
Western Digital Corporation WDC 1.4074 Information Technology $403,954
AT&T Inc. T 1.4070 Communication Services $697,076
Kellogg Company K 1.4055 Consumer Staples $397,711
Digital Realty Trust Inc. DLR 1.4027 Real Estate $196,912
Duke Energy Corporation DUK 1.3962 Utilities $265,790
Southern Company SO 1.3935 Utilities $416,435
FirstEnergy Corp. FE 1.3878 Utilities $530,482
Verizon Communications Inc. VZ 1.3640 Communication Services $413,957
Weyerhaeuser Company WY 1.3567 Real Estate $907,239
ONEOK Inc. OKE 1.3525 Energy $338,630
Nordstrom Inc. JWN 1.3467 Consumer Discretionary $770,728
CenturyLink Inc. CTL 1.3455 Communication Services $2,017,260
Dominion Energy Inc D 1.3420 Utilities $308,187
General Mills Inc. GIS 1.3357 Consumer Staples $438,530
Regency Centers Corporation REG 1.3123 Real Estate $350,482
Kimco Realty Corporation KIM 1.3108 Real Estate $1,232,541
Edison International EIX 1.3066 Utilities $325,812
PPL Corporation PPL 1.2947 Utilities $764,595
Kinder Morgan Inc Class P KMI 1.2942 Energy $1,122,045
AbbVie Inc. ABBV 1.2931 Health Care $343,034
Cardinal Health Inc. CAH 1.2930 Health Care $518,056
Eaton Corp. Plc ETN 1.2907 Industrials $280,061
CenterPoint Energy Inc. CNP 1.2837 Utilities $815,490
SL Green Realty Corp. SLG 1.2794 Real Estate $282,645
Phillips 66 PSX 1.2706 Energy $226,385
Vornado Realty Trust VNO 1.2635 Real Estate $362,853
Leggett & Platt Incorporated LEG 1.2576 Consumer Discretionary $583,845
Broadcom Inc. AVGO 1.2492 Information Technology $76,329
Carnival Corporation CCL 1.2483 Consumer Discretionary $492,066
WestRock Company WRK 1.2379 Materials $630,183
General Motors Company GM 1.2352 Consumer Discretionary $567,097
Simon Property Group Inc. SPG 1.2295 Real Estate $145,689
Huntington Bancshares Incorporated HBAN 1.2280 Financials $1,612,682
International Business Machines Corporation IBM 1.2248 Information Technology $154,496
Molson Coors Brewing Company Class B TAP 1.2239 Consumer Staples $409,219
Host Hotels & Resorts Inc. HST 1.2213 Real Estate $1,298,867
Kohl’s Corporation KSS 1.2163 Consumer Discretionary $448,255
Exxon Mobil Corporation XOM 1.2150 Energy $307,446
Chevron Corporation CVX 1.2124 Energy $183,254
Regions Financial Corporation RF 1.2076 Financials $1,449,912
KeyCorp KEY 1.2043 Financials $1,256,685
MetLife Inc. MET 1.1888 Financials $460,022
Harley-Davidson Inc. HOG 1.1879 Consumer Discretionary $648,335
Ford Motor Company F 1.1759 Consumer Discretionary $2,238,726
Coty Inc. Class A COTY 1.1730 Consumer Staples $2,104,716
Interpublic Group of Companies Inc. IPG 1.1699 Communication Services $1,017,734
LyondellBasell Industries NV LYB 1.1694 Materials $267,968
Williams Companies Inc. WMB 1.1637 Energy $859,701
Macerich Company MAC 1.1624 Real Estate $693,630
Valero Energy Corporation VLO 1.1613 Energy $268,923
International Paper Company IP 1.1605 Materials $524,160
Principal Financial Group Inc. PFG 1.1594 Financials $382,480
People’s United Financial Inc. PBCT 1.1592 Financials $1,391,766
Nielsen Holdings Plc NLSN 1.1510 Industrials $973,686
Gap Inc. GPS 1.1461 Consumer Discretionary $1,199,472
Altria Group Inc MO 1.1456 Consumer Staples $464,553
Occidental Petroleum Corporation OXY 1.1291 Energy $445,257
Hanesbrands Inc. HBI 1.1278 Consumer Discretionary $1,399,398
H&R Block Inc. HRB 1.1263 Consumer Discretionary $826,183
Schlumberger NV SLB 1.1007 Energy $574,646
Philip Morris International Inc. PM 1.1006 Consumer Staples $271,990
Kraft Heinz Company KHC 1.0806 Consumer Staples $722,606
Dow Inc. DOW 1.0705 Materials $439,005
Invesco Ltd. IVZ 1.0428 Financials $1,155,351
Prudential Financial Inc. PRU 1.0396 Financials $225,660
Tapestry Inc. TPR 0.9701 Consumer Discretionary $752,614
Helmerich & Payne Inc. HP 0.9632 Energy $455,384
Macy’s Inc M 0.8584 Consumer Discretionary $996,993
L Brands Inc. LB 0.8482 Consumer Discretionary $896,710
STATE STREET INSTL US GOVERNME STIF USD 85749246 0.0556 Unassigned $988,590
U.S. Dollar CASH_USD -0.0515 Unassigned ($916,124)

スクロールお疲れ様でした。

SPYDに組み入れられているセクター比率とセクター別保有金額をまとめてみました。

組入比率保有金額保有金額比率
一般消費財16.33%$13,430,46625.02%
不動産  20.16%$8,095,33115.08%
金融9.23% $7,934,55814.78%
生活活必需品9.90%$5,381,10910.02%
エネルギー 11.86%$4,781,6718.91%
通信サービス5.29% $4,146,9277.72%
公共事業10.83%$3,648,1366.80%
情報技術6.73% $2,218,0014.13%
素材 4.64%$1,861,3163.47%
資本財2.44%$1,253,7472.34%
ヘルスケア 2.59%$861,0901.60%

組入銘柄のセクター比率では不動産、一般消費財、エネルギーが占めておりますが、保有金額順に見ると一般消費財、不動産、金融が上位3セクターです。一般的に景気に左右されやすいと言われる一般消費財及び不動産が本ETFの現在時点のメインセクターとなっています。

なお、SPYDは1月と7月にリバランスを行っており半年ごとに銘柄の入れ替えが行われますので今後この比率は変化していきます。

SPYDの不安要素

高配当ばかりに目が行きがちなSPYDには下記のような不安要素があると考えられます。

  1. リバランス時に銘柄入れ替えコストがかかる
  2. 配当金額が安定しない
  3. S&P 500から乖離が広がる恐れがある

リバランス時に銘柄入れ替えコストがかかる

年2回のリバランスのために掛かる経費が効率的な運用を妨げていると考えられます。

配当金額が安定しない

設定来の一株当たりの配当履歴は以下の通りです。

  • 2015年 $0.331(4Qのみ)
  • 2016年 $1.514
  • 2017年 $1.735
  • 2018年 $1.619
  • 2019年 $0.801(1-2Q)

2018年は株価は右肩上がりだったにもかかわらず減配しています。配当金収入で生活する方にとって減配はリスクが大きいと感じられるかもしれません。

S&P 500にパフォーマンス負けする恐れがある

私はこの点を最も懸念しています。

マルキールはウォール街のランダムウォーカーのなかで「分散された60社に投資を行えば個別企業に特有の要因によって引き起こされる株価の変動性(=非システマティックリスク)はほとんど取り除かれて、ほとんど市場と同じ動きをする」と述べています。

SPYDは均等加重で80社に投資を行っています。現在のポートフォリオでは一般消費財セクターと不動産セクターに金額ベースで41%(株数ベースで36.49%)を投資しており偏りが気になりますがある程度の分散は利いているいるように思われます。

SPYDはあくまでS&P 500のうち高配当銘柄80社に連動させるという運用方針であることは前提としながら、上場来パフォーマンスをS&Pと比較してみましょう。

2015年10月から現時点まで連動した値動きを確認することができます。

パフォーマンスも上場来からしばらくはS&P 500をアウトパフォームしていましたが2017年半ばに反転したまま乖離が広がっています。将来に亘ってもSPYDの株価が緩やかにしか上昇が見込まれない可能性も十分に考えられ、期待したほどのトータルリターン(=収益分配+値上がり益)が得られない恐れがあります。

最後に

SPYDの4%超の配当利回りはやはり魅力的です。他方で、株価上昇による資産価値向上という面では疑問が残ります。上場から4年の若いETFであることから今後の値動きと銘柄のリバランスをウォッチしていきたいと思います。

最後までお読み頂きありがとうございました。